正しいスキンケア方法【保湿をしっかりすることが大切】

手順を間違えないこと

婦人

化粧水の効果を十分に出す

洗顔の後やお風呂上りの後、スキンケアは肌のために欠かせません。もしスキンケアをせずにそのまま過ごしてしまえば、肌は乾燥してニキビや吹き出物、そのほか赤みになってしまう原因につながります。それだけでなく、しわやたるみの原因にもつながりかねません。肌の乾燥を防ぐためにも、スキンケアを怠ることは肌のために良くありません。しかし、毎日しっかりスキンケアを行なっているのに、どうも効果を感じられないという人もいます。それはもしかすると、スキンケアの仕方が誤っている可能性があります。仕方を誤れば、せっかくの効果が半減してしまうこともあるため、気をつけなければなりません。効果を半減させないようにするためにも、正しいスキンケア方法を行うことが大切です。洗顔後、またはお風呂上りの後、スキンケアを行う手順として化粧水からつけていきます。たっぷりと肌につけ、水分や成分を浸透させていきます。そしてその後乳液をつけていきますが、その乳液をつける時間が大切です。化粧水をつけた後すぐに乳液をつける人がいますが、それは誤りです。化粧水をつけた後3分ほど待って乾いてから乳液をつけなければ、せっかくつけた水分を弾かせてしまいます。乳液は油分なので、水分をはじいてしまうのです。しっかりと化粧水を浸透させてから、その水分を逃さないために浸透した肌に乳液をつけて肌をカバーするのです。そうすることで肌の水分を保つことができ、針のある肌を維持することができます。